葬儀の流れを知っておくといざというとき焦りません

どんなに悲しくても泣いている場合ではないと言われるほど慌ただしい行事になります。突然のことでも対処できるよう流れを把握しておくと慌てなくてよいです。まず、医師により死亡診断書が作成されますので、受け取ります。亡くなったことを故人の普段お付き合いのある会社や親友に当たる友人。

遺族のお世話になっている会社やお子様がおられる場合は学校などに連絡をしておきます。それ以外の方でしたら、お通夜などの日程が決まってから知らせます。遺族で決めなくてはいけないことがあります。喪主を誰にするか。

費用範囲内で葬儀社に見積りを取ったり、どのようなプランにするか相談します。お寺が決まっている場合でしたら、お寺にも連絡をします。決まったお寺が無い場合でしたら、お任せすれば手配をしてくれます。このとき、故人が残したエンディングノートがあれば遺族はとてもスムーズに決めることができます。

遺影に使う写真も用意しておきます。どの葬儀社にするか決まりましたら、遺体の搬送を病院に依頼します。遺体を葬儀を行なう場所に運びます。自宅でしたら布団を用意します。

決まった寺があった場合はお寺に電話をし、枕経を依頼します。枕経に来て頂いた際に、お通夜、葬儀初七日の法要の打合せをします。一日目で納棺まで済ませます。二日目、通夜を行います。

市町村役場から火葬許可証を発行してもらうため、死亡診断書を市町村役場に持参する必要があります。三日目、葬儀・告別式・火葬を執り行います。友引の場合は火葬場がお休みになるためその場合は一日ずらします。火葬が無事、終わりましたら骨あげをし、自宅などで僧侶による読経のち、焼香をし、片づけをして終わりになります。

初七日までにお手伝いをしてくれた方々にお菓子などを持って挨拶をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です